キーボードの話

はじめに

この記事は苫小牧高専Advent Calendar 2017の記事です。
最近キーボードにハマっていて、今回はErgoDoxという、左右分離のエルゴノミックキーボードを作った記事を書こうと思っていたけど残念ながらPCBはまだポーランドワルシャワにあると思われるので、当初の予定を変更してお送りしたいと思います。

キーボードってなんだ?

突然ですけど、みなさんはどんなキーボードを使っていますか?
ゲームをする方はもしかしたら、Razerなどのゲーミングキーボードを使ってたり、物書きさんとかプログラマーさんだったら東プレのRealForceなんかを使ってたりするんじゃないでしょうか?
今回は案外、パソコンを使う上で必須だけどそこまで意識していないキーボードについてスイッチ部分の点から主観的に浅く掘り下げて行こうと思います

まずはキーボードの種類について

世の中には大別して大体3つのキーボードがあります。
1つ目はRealForceのような静電容量無接点方式
2つ目はFILCOのMajestouchなどのメカニカルキースイッチ方式
3つ目はノートパソコンで使われるようなメンブレン方式
これらが大体普通に生活していて触れられる範囲だと思います(多分)

静電容量無接点方式について

まず一つ目に挙げた静電容量無接点方式というのは、静電容量の変化でスイッチの入力を検知する方法です。
何言ってんだみたいな話ですが、スマホの画面等と同様に触れるとそこに物理的なスイッチが無くても押したことがわかるようになっているということです。
この方式のメリットは物理的なスイッチを利用しないため、比較的耐久性が高い事が挙げられます。
そのためにOEMにも用いられることもあり、セブン銀行のATMのキーボードに東プレの変荷重の静電容量無接点方式のキーが使われていたりもします。 (どっかにインタビュー記事が上がってた気がしたけど忘れた)
なので、実は案外気づかないうちに触れていたりするかもしれませんね。

メカニカルキースイッチ方式について

わぁい!メカニカルキースイッチ方式!あかり、メカニカルキースイッチ方式大好き!
ということでメカニカルキースイッチ方式です。
メカニカルキースイッチ方式と言うのは、スイッチの中にいわゆる軸と接点があり、軸がそこを押すとキー入力を検知する方式です。
有名なところで言うと独Cherry社のCherry MXスイッチ、一昔前だとアルプス電気のALPSスイッチ等が有名だと思います。
このスイッチのメリットも同様に耐久性が高い点が挙げられます。
また、個人的にはCherry MXスイッチが豊富なライナップを取り揃えている点や、壊れたときにDIYで交換するのが容易な点がいいと思います。
最近ではメカニカルキースイッチの特許が切れたため、中国などからKailhやGateronといったメーカの安価なクローンスイッチができたため、従来と比べて半額以下でメカニカルキーボードを購入できますのでちょっとお高めキーボードの登竜門としてもいいかもしれません。

メンブレン方式について

メンブレン方式は多分キーボードと聞いて一番最初に思い浮かぶキーボードに採用されているキースイッチ方式だと思います。
このメンブレン方式は、ラバーカップと呼ばれるドーム状のものがメンブレンスイッチの上に乗っており、キーを押すことによって、ラバーカップの下にあるメンブレンスイッチが押されるような構造となっています。 この方式のメリットは小型化が容易な点が挙げられます。そのためノートパソコンやタブレット等の持ち運び用の折りたたみ式のキーボードによく用いられているわけです。
一般に安いキーボードはおおよそこの方式が用いられているわけなのですが、安いキーボードは大体薄い樹脂フレームと基盤とキートップで構成されているために剛性が低くあまり感触がよくありません。その為メンブレンキーボードというだけで嫌われたりもすることもあるとは思いますが、中にステンレスプレートを入れるなどしっかりとした剛性が確保されれば結構良いものです。(HHKB Lite 2とかね)

じゃ、どれ選べばいいの?

ここまでで挙げた3つのキースイッチ方式はそれぞれキーの感触が違います。また、同様のキースイッチ方式でもメーカーや種類の違いに寄って全く違った感触になります。
例えばメカニカルキースイッチであるところのCherry系統のスイッチではクリック感があり、キーを押したときにカチッという音がするものや、音の少ない静かなものもありますし、中に入っているバネの違いによって重い感触のものや軽い感触のもの、おした時の感触がスッとしているものなど様々な違いがあります。
その為、なかなかこの人はこれだ!といったものは無く自分に合うものを探していくこととなると思いますし、ソレもひとつの楽しみ方でもあると思います。
といってもじゃあキーボード選ぶときにひたすら触って確かめるというのも中々骨の折れることなので、自分が実際にキーボード見るときに着目するポイントを幾つか挙げていきたいと思います。

キーストローク

キーストロークはキーを押し下げたときに底までの距離です。浅いと長い時間打っていると指が疲れたりするので、ある程度長い距離のものが好まれると思います。

アクチュエーションポイント

キーを押し下げたときにキー入力として検知される境界までの距離です。これが短ければ短いほどキーを浅く押した時点で反応し、素早いキー反応が期待できます。

キー荷重

キーを押し下げるために必要な重量のことです。この荷重が軽ければ軽いほど軽い力でキーを押すことができます。一方で軽すぎると誤入力してしまう、指が疲れやすいと言った点が挙げられます。メカニカルキースイッチ等でおおよそ標準的な荷重と呼ばれるのは45g前後が標準的です。

キーの感触

静電容量無接点方式ではメンブレンでの感触に高級感をもたせたようなしっとりとした感触のものなどがあります。 また、メカニカルキースイッチ方式では軸と呼ばれるスライダー部分の形状によってキーの感触が異なってきます。Tactileと呼ばれるキーが一定の荷重を掛けると一気に押し下がる感触を感じられるもの、Linearと呼ばれる一定の荷重で変化なく押し下げられるもの、Tactile Clickeyと呼ばれるキーを押し下げた時にカチっという音がものなどがあります。メカニカルキースイッチだと実際に荷重変化のグラフがメーカに寄って公表されているのでそれを見ると良いかもしれません。

また、キースイッチ以外の観点としてキー配列も重要です。最初に使ったキー配列はおそらく大抵の方がJIS配列と呼ばれる日本語キーボード向けのキー配列だと思いますが、この他にも近年では全く見なくなった親指シフト配列と呼ばれる親指の来る部分にシフトキーがあるものやエルゴノミック配列と呼ばれる手の形に合うように設計された配列、英語キーボードでもちいられるUS配列といった物があります。
これらの点を自分が利用する目的や利用する場所を考えながらキーボードを選ぶことも楽しいかもしれません。

さいごに

ここまでキーボードの話をダラダラといろいろ話してきましたがパソコンを利用する上で最も触れているものはディスプレイと椅子の次にキーボードだと思いますので、今までキーボードとかどうでもいいわ~~~と思っていた方もこの機会に是非キーボードについて少し考えてみていろいろなキーボードを試してみてください!
また、市販のものだけでなく海外ではDIYキーボード、自作キーボードと言った物もあり、自分でカスタマイズしていく楽しみもありますのでぜひぜひそのあたりも掘り下げていくと楽しいかもしれませんよ?
明日はぱくとま(@pakutoma)さんです。
それでは!

イヤホン

この記事はなんちゃらアドベントカレンダーの17日目の記事です

 

最近の話

最近イヤホンがめっちゃほしいです。

これが困ったことに以前使っていたSE315のシェルが割れてしまったわけですね。

なので新しくイヤホンを買おうという運びになったわけです。以前使っていたSE315はおおよそ2万円ほどの価格帯なので今回は3万円前後の価格帯で選んでいこうと思っています。

ぼくのよく聞く音楽はLiSAとかなんかアニソンがとても多いので注目したいのは中音域ということでいくつか今購入を考えてるやつをピックアップして出していこうと思います。

 

UE900s

www.e-earphone.jp

はいおそらく3万円価格帯のド定番ですね。おおよそ2万9千円〜3万円前半で買える中ではまっさきに選択肢に上がるのではないのでしょうか。3万円の価格帯としては珍しい4基のBAドライバ搭載です。試聴はしたこと無いのでわからないですがボーカルが伸びるらしいです。いいね。

 

XBA-300

www.sony.jp

最初は特に考えてなかったんですけどレビュー見てたらよさかった。BAドライバ3基で得意なのは中音域〜高音域。なにがいいって販売店が多いゆえの手に入りやすさ。多分そのへんのヤマダ電機とか行けば買える。でも筐体にSonyのロゴが入ってるのが個人的に気に食わないのと端子がいつものファッキン独自規格なのでMMCXが使えないっぽい(非公式には一応使えるらしいが接触悪かったりで信用できない)

 

Westone30

www.e-earphone.jp

もうちょっと上の価格帯でよく聞くWestone。こいつの何がいいって日本向けにJPOPとかアニソン向けにチューニングされている日本限定モデル。僕のニーズにドンピシャってわけ。あと筐体デザインもよさい。でも3万円後半でほぼ4万円台なのが厳しい。

 

SE425

www.shure.co.jp

こいつは以前使ってたSE315のいわゆる上位モデル。BAドライバは2基。どちらかといえばフラットのいわゆるモニターイヤホン寄り。こいつは他のやつと比べてフラットに鳴らしてくれるぽいからある意味一番無難な選択肢かもしれない。でもSE315のシェルが割れた件とかSE215の緑化の件があってあまり選択肢的には考えていない。

 

まとめ

なんか色々探してたら最初考えてたUE900s以外にも良さげなイヤホンが色々あって困るなあといった感じ。最終的にはUE900sもしくはWestone30の二択になりそう。頼む!!!歳末年始セールやってくれ!!!!

あとイヤホンを買ってしまうと再生環境を整えたくなってきてしまうがココはこらえてひとまずXperiaXZ(笑)に直刺しでしばらく聞くことにして置こうと思う。オーディオって主観的な趣味だから僕みたいな変にこだわっちゃうオタクはズブズブハマってしまうので気をつけたほうがいいなあと最近思っています。

なんかこれいいんじゃね?!?!みたいなのあったら教えてね。

では。

 

エモく行くぜ

この記事は苫小牧高専アドベントカレンダー11日目の記事です。多分。

はじめに

どうもこんにちは、4年生のです。ふだんは家で寝っ転がってFGOやってたりシャドバやってたりしてます。毎日眠いです。

そういやなんか記事書かなきゃな〜と思ってはてな開いたら一週間前に登録したはてなのパスワードをもうすでに忘れて再設定してきました。記憶力厳しいね

さてタイトルの通りエモく行きたいと思ったんですけど、考えたら「エモい」ってなんだよって感じですね、「エモい」ってなんだよ、めっちゃエモいな。

 

苫小牧高専アドベントカレンダーって…何だ…

当初の方針では、苫小牧高専のクソなところ!wみたいな記事に溢れるだろうし僕もソレに便乗しちゃおwみたいな感じで適当に考えてたら、案外なんかすっごい自由に書かれてたので僕も最近エモかったことでもとっ散らかして書いていこうと思います。

 

あれ、お前ちきんまん.comは?

ということで、今回はそもそもでなんではてなブログで書いてるかみたいな話をしていきたいと思います。

 

ことの始まり

そうあれは先週のことだった。

さくらインターネットが一年分のVPSを無料でくれるって言うからとりあえずもらっておいたわけなんだけれども、それを放置していた。

とりあえず12月に入ってテストも終わったしアドベントカレンダーも書かなきゃいけないわけだし、VPSに適当ななにか入れてブログぶっ立てておくかあと考えてた。

 

とりあえず入れて動かしてみる

さくらの方に標準で用意されているCentOS7(1511)を入れて、Apache(2.4.6)入れてHexo入れてはいちゃんちゃんって感じで考えてた。

実際Apache入れてテストページ開くところまで余裕で終わったしあとはHexoのpublicをシュッと公開してやりゃ終わりやろwと考えてた(実際手元のArchのhttpdのVer2.4.23環境ならそれで終わりだった)

甘かったね。

 

動かしていこう

とりあえずテストがてら適当に作業用ユーザのホームディレクトリにインストールしたHexoでサイトシュッと生成しておいてhttpd.confのディレクトリルートをHexo以下にあるpublicにして他の諸々の設定はサーバーのURL以外いじらずに変更して、apacheを再起動した。

したらこう

f:id:CHIKEN_MAN:20161211171419p:plain

最初は「あ〜なるほどね、アレね、所属グループとかね、変えてなかったしね」って感じでシュッとpublicディレクトリを755にして所属ユーザ/グループをapacheにしてやってもう一回httpd再起動してやったら

まあこれ

f:id:CHIKEN_MAN:20161211171419p:plain

この辺でもう正直???って感じだった(バカ)のでめっちゃググった結果、SELinuxがアレしてるときがあるらしい。

とりあえずgetenforceして見るとSELinuxは無効。よってSELinuxが作用しているってことは無い。

じゃあなんだってことで今度はエラーログを見てみると配置してあるpublicディレクトリへのアクセス時にエラーコードAH00035がでてる。とりあえずググったらディレクトリにapacheがアクセスできてない。でもpublic以下の所属ユーザ/グループとファイル権限はすべて755に設定してあるし…

ってことでこのあといろいろやったんだけど根本的な知識不足で万策尽きた感じだったので諦めました。

 

おわりに

Linuxっていろいろいじれるからいろいろやることあって難しい。特に自分で本読んで〜みたいな感じじゃなくてなんとな〜くやってるからそのへんも相まって多分いろいろ知識的にごっちゃごっちゃになってて誤解しているところとかわかってないところとかいろいろあってそのせいでこんな感じになってるんだと思う。

これこうなんじゃね?とかココわけわかんねえからもっと詳しく書けよとかあったら教えてください。

とりあえず今はこんな感じのことがあってはてなブログで書いてますっていう話でした。

 

明日はてっぴー(@msz3nhen)くんが苫小牧高専の演劇部について書いてくれます。

 

自炊

この記事は自炊 Advent Calendar 2016 - Adventarの記事です。いろいろやってたら遅れました。すいません。

 

僕、一応自炊するんですよ、たまに。

じゃあなんで実家住みでご飯出てくるような環境でわざわざ自炊してるのかって言うと、食べたいものがあるんですよね。まあ大体肉料理なんですけど。

 

大体いつもの自炊までの流れとしてスーパーに行って適当な500g以上の肉を買ってくるところから始まります。非常にコストパフォーマンスが悪いです。

 

ここ最近特にハマっているのが塩漬け豚バラ肉の乾燥させたやつ(パンチェッタ)です。

これはいわゆるベーコンやハムなどとは違って塩漬け肉を単純に熟成させて干したら完成するもので、燻製などのめんどくさい工程が必要ありません。

およそ完成までには一月程かかりますが完成した肉は大変美味しいです。そのまま食べてもよし、煮てポトフにしてもよし、そして何より日持ちします。

では実際の作り方についてです。

まずはじめに豚バラブロックを用意します。豚バラブロックであれば何でも良いのですが、あまり臭い肉は干したあと臭みがより凝縮されてとても食えたものではありませんので臭い肉はしっかりと香辛料を擦り込む必要があります。

では次に豚バラブロックへおよそ肉の10%ほどの塩をすり込みましょう。このときに一緒にローズマリーなどの香辛料をすり込んでおくと臭みが低減されます。

次は熟成の工程です。通常10%ほどの塩がすり込んであればほぼ腐ることはないので塩をすり込んだ肉をラップ等でぐるぐる巻きにして空気を遮断したあとにジップロック等に入れて冷蔵庫にぶち込んでおきます。この状態で1~2週間ほど置いておきます。

この熟成した肉を次は塩抜きしていきます。ぬるま湯を大きな容器に用意して塩を抜いていきます。このときどれくらい塩を抜くかで腐りやすさと塩加減が変わります。大体切って焼いてみてありえないくらいしょっぱいと放置して干していてもほぼ腐ることは無いと思います。

最後に乾燥の工程です。風通しのいいところに塩抜きした肉をぶら下げておき、3週間ほど経過したら完成です。

あとは好きなように食べてください。スープにすると美味しい出汁になります。あと、あまり生食は勧めません。僕が作ったときは多少生食した分には大丈夫でしたが乾燥させる環境や塩抜きの加減等によっては菌が繁殖している恐れがあるためやめたほうが良いでしょう。

 

以上の他にもいろいろ作ってわかったのですが、肉はブロックで買うといろいろ作れます。例えば豚バラブロックであれば角煮や前述のパンチェッタなど、牛肉であれば、薄く切ってバラ焼き等、様々な料理を作り出すことができます。

みなさんも自炊する際にはぜひ塊肉を用意しましょう

 

ぱくとまアドベントカレンダー4日目

この記事はぱくとまアドベントカレンダー4日目の記事です。

 

くとまの女性関係について

宣言通りぱくとまの女性関係について語っていきたいと思いましたが多分ぱくとまに刺殺されると思うのでちょっとだけでとどめておこうと思います。

 

一人目

まず一人目の方は某南の方の高専のTさんでした。

おそらく知り合ったのは某某某のTwitter経由だったと思います。この人との話は結構僕もフォローしてたのもあって割と知っていますがぱくとまのではなくTさんのプライバシーを考えて何も言わないでおきます。

ちなみに僕のTwitterアイコンはそのTさんにもらいました。

ブロックされたけどな。

 

二人目

二人目は関東の方の普通の高校のNさんです。おそらく知り合ったルートは前述と同様のルートだと思います。

この人との関係は今も続いているらしいですが正直面白いけどどうでもいいしNさんをフォローしていないのでよくわかりません。めんどくさいアピールしてる割には、Twitterブロックしてると思ったら解除してたりLINEブロックしたと思ったらLINEしてたりしててぱくとまは相変わらず何がしたいのかわかりません。未練たらたらですね。

 

 2016/12/5 0:22追記

LINEブロックされたらしく、関係改善は見込まれないためぱくとまと彼女との関係は終わりました

 

さいごに

ぱくとまはインターネット恋愛をやめろ

 

以上がぱくとまの恋愛事情についての概略です。これ以上の情報は双方から刺されそうなのでやめておこうと思います。インターネットってすごい。

 

次はかのんさんです多分死ぬと思います。

では。